ビタミンの効果、美白にも効く化粧水

subpage01

化粧水にビタミンを配合する場合、水溶性の物ならば簡単に加える事が可能です。

しかし、油溶性であると乳化剤や合成界面活性剤を用いて配合するケースが一般的となります。美白とエイジング作用に効果が期待出来る成分はレチノール、アスコルビン酸、酢酸トコフェロール、ビタミンC誘導体が挙げられます。

化粧水の比較情報を厳選して紹介します。

レチノールは油溶性ですから、化粧水に普通に添加する事は難しいですから、乳化剤は必要になります。


主な効果はシワや弛みに作用してエイジングケアを補助する、血流を良くしてくれる為、肌を白くする、皮膚のターンオーバーをスムーズにして、メラニンの排出を促すメリットが強いです。

即効性はありますが、不安定な成分ですから調節は必要です。

特徴のあるNAVERまとめに関する詳細はこちらです。

酢酸トコフェロールはビタミンEとも呼びますが、肌の血流を良くするメリットはレチノールと似通っていますが、これも皮膚の新陳代謝を早めてシミやメラニンの除去を補助します。


結果的に美白に繋げますが、皮脂の酸化も予防してくれる効き目が強い成分となります。

油溶性であり、化粧水に配合する場合は媒体が必要です。

アスコルビン酸はビタミンCであり、水溶性ですから化粧水に加えやすい成分となります。



美白効果が突出していますが、皮脂の酸化を予防しながら、皮脂の分泌を調節していく、オイリースキンの人に適した有効成分です。


ビタミンC誘導体は人口的にアスコルビン酸を改良して、安定化させた美白作用の強い物質であり、化粧水に加えやすいです。