化粧水の美白効果をより高める方法

subpage01

種類の充実に伴い、自分の肌に合った物を選びやすくなっている今現在、どの種類の化粧水を使用していても共通している美白効果を高める付け方を教えます。

まず洗顔後直後に化粧水を付けること、できれば夜、入浴している時に浴室内で付けるとより浸透力が上がります。

それは、蒸気が充満していて加湿状態にあるためです。

化粧水の比較の人気が上昇しています。

タオルで水分を取ったら、化粧水を付けるときも叩くようにではなく、優しく手で包み込むように押さえるように付けるということ。その次に同じように乳液を付けると美白効果抜群です。
オールインワンタイプのものも同様に浴室内で付けると大変効果が期待できます。入浴後もこまめにクリームを付けるようにすると乾燥も防ぎますし、寝る前のケアにもつながって、一石二鳥です。

朝洗顔するときは先にぬるま湯で予備洗いしてから、洗顔を始めるだけで汚れも落ちやすくなり美白効果も出てくるようになります。

付ける量の目安としては、手のひらに500円玉くらいの量が適量です。

T-SITE情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

少し余るかなくらい付けた方がしっとりと柔らかな肌へ導ける一歩です。
冬場は、更に一回りくらいの量を付けると乾燥を感じなくなります。

あと気を付けたいのは、化粧水と乳液が別々のタイプは必ず先に化粧水を付けないと、美白効果があまり発揮されません。

むしろ一緒に垂れてしまいますから、注意してくださいね。



乳液はふたをしてくれる役目も担っているため、順番は変えたりしてはいけません。