割と私たち身近に起こる交通事故の被害ですが、事故の中には死亡する例も少なくなく、1日平均12人、毎年およそ4千人の人が交通事故で亡くなっています。

また、交通事故全体で見ても毎年およそ57万件前後の件数が起こっています。

日本の人口でみると被害者だけでも200人に1人は一年間で事故に巻き込まれているという計算になるのです。

交通事故の被害に遭った場合は、金銭的な問題が必ず出てきます。普通は保険会社に任せてしまいますが、やはりお金が絡む問題です。


何かと厄介ごとが起きることも少なくありません。

交通事故の相談の情報を簡単に探すことができます。

そこで、自分では解決することが難しいと判断した場合には弁護士を利用することでより穏便に解決をすることが可能になるのです。


しかしながら、この国の国民の弁護士に対するイメージは「敷居が高く利用しにくい」と言うものが一般的で、法人でもない限りなかなか個人で弁護士を積極的に利用しようとは思わない人が多いのです。


その理由の一つに、お金がどのくらいかかるのかわからないという不安です。

医者と弁護士は給料がいい、医者は健康保険に加入していれば国からの補助が出るのに対して弁護士に法律相談をしても国からの補助金があまり出ることはないため、高額のお金を請求されるのではないかと心配があります。

また、医者は子供の頃から何度も行くのに対して、法律事務所は子供の頃から足しげく通ってるわけではなく身近でないイメージが強いためなかなか相談をしようという気になれません。



ですが、最近は相談料無料(普通は30分5000円)のところも増えており、昔に比べると利用しやすい傾向にあるのです。

NAVERまとめの情報ならこちらを参考にしてください。